ここから本文です

『R-1ぐらんぷり』ハリウッドザコシショウが初優勝

オリコン 3月6日(日)20時51分配信

 “ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2016』決勝戦が6日、東京・台場のフジテレビで行われ、芸歴24年目・ハリウッドザコシショウが初優勝。過去最多のエントリー3786人の頂点に立ち、優勝賞金500万円を手にすると「おっしゃー!」と雄叫びを上げて喜びを表現した。

【写真】誇張しすぎた物まねを披露したハリウッドザコシショウ

 今回で14回目となる同大会は、1~3回戦、準決勝を勝ち抜いた9人と敗者復活の3人、計12人がA~Cブロックに分かれ、それぞれ勝者1人を決定。3人が最終決戦を行い、栄冠を目指した。

 決勝戦は、雨上がり決死隊と加藤綾子アナウンサーが司会を務めた。優勝者には、今後、副賞として関西テレビ・フジテレビ系の冠番組が与えられる。

 Aブロックは、エハラマサヒロ、小島よしお、シャンプーハットこいで、サンシャイン池崎(復活ステージ3位)が登場し、小島が勝ち抜け。

 Bブロックは、ハリウッドザコシショウ、おいでやす小田、横澤夏子、ルシファー吉岡(復活ステージ2位)が熱戦を繰り広げ、ハリウッドザコシショウが駒を進めた。

 Cブロックは、“ことわざ”に焦点を当てたネタを披露した厚切りジェイソン、ゆりやんレトリィバァ、今年は服を着て挑んだとにかく明るい安村、マツモトクラブ(復活ステージ1位)が登場し、ゆりやんレトリィバァが競り勝った。

 ザコシショウは、誇張しすぎた物まねを披露。破壊力抜群、やや強引なパワーを感じさせるネタで笑いを起こし、審査員の票を集めた。

 歴代優勝者は以下の通り。

第1回 だいたひかる
第2回 浅越ゴエ
第3回 ほっしゃん。(星田英利)
第4回 博多華丸
第5回 なだぎ武
第6回 なだぎ武
第7回 中山功太
第8回 あべこうじ
第9回 佐久間一行
第10回 COWCOW 多田
第11回 三浦マイルド
第12回 やまもとまさみ
第13回 じゅんいちダビッドソン

最終更新:3月6日(日)21時6分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

長く続く恋愛関係における欲望の秘訣
長く続く関係において愛するパートナーに望むことは、ベストフレンドであり、また官能的なパートナーであって欲しいと言うものです。エステル・ペレルは心のこもった良いセックスには「安心」と「サプライズ」という2つの相反するものが求められると指摘します。では、欲望はどのように維持できるのでしょうか?