ここから本文です

FC東京、前田の今季初ゴールで逆転勝ち…仙台はホーム開幕戦飾れず

SOCCER KING 3月6日(日)17時28分配信

 2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第2節が6日に行われ、ベガルタ仙台とFC東京が対戦した。

 敵地で横浜F・マリノスを破ってシーズン白星スタートを切った仙台。連勝をかけ、ホーム開幕戦に臨む今節は、横浜FM戦から1名を変更。FC東京から期限付き移籍で加入したMF三田啓貴が契約の関係で出場できず、代わって藤村慶太が起用された。一方のFC東京は、ホームでの開幕節で大宮アルディージャに敗れ、黒星スタートとなった。それでも、1日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第2節ではビンズオンを3-1で撃破。弾みをつけて今節を迎えた。ACLからは5名を入れ替え、MF東慶悟、FW前田遼一、FW阿部拓馬らがスタメンに名を連ねている。

 試合は開始早々に動く。7分、左CKを得た仙台はキッカーの梁勇基がニアサイドにクロスを入れると、渡部博文のヘディングシュートがゴール左下に決まった。

しかしFC東京もすぐに追いつく。9分、左サイドでFKを得ると、小川諒也がクロスを供給。ファーサイドの森重真人が右足ボレーで合わせたボールがゴール前で複数の選手に当たってオウンゴールとなった。

 その後は互いに攻め手を欠き、1-1のまま前半を折り返す。

 後半に入り51分、左サイドから攻撃を仕掛けたFC東京は、橋本拳人が東とのワンツーでエリア内左に侵入し、左足でクロス。このボールをニアサイドに走り込んだ前田が右足インサイドで流し込み、逆転ゴールを奪った。

 ビハインドを背負った仙台はなかなかチャンスが作れず、試合は終盤に差し掛かる。すると83分、仙台はGK六反勇治が左足でボールを蹴った際に軸足を滑らせ、右足首を負傷。GK関憲太郎との交代を余儀なくされた。

 逃げ切りを図るFC東京は88分、小川に代えて高橋秀人を投入する。6分間のアディショナルタイムで同点を目指した仙台だが、FC東京がうまく時間を使いながらきっちりと逃げ切り、2-1のまま試合終了。仙台はホーム開幕戦を勝利で飾ることはできず、一方のFC東京はリーグ戦初白星を挙げるとともに、公式戦2連勝を飾った。

 次節、仙台は12日にホームで鹿島アントラーズと、FC東京は11日にホームでヴィッセル神戸と対戦する。

【スコア】
ベガルタ仙台 1-2 FC東京

【得点者】
1-0 7分 渡部博文(ベガルタ仙台)
1-1 9分 OG(FC東京)
1-2 51分 前田遼一(FC東京)

SOCCER KING

最終更新:3月6日(日)17時41分

SOCCER KING

Yahoo!ニュース 特集(挑戦者たちの背中)