ここから本文です

昇格組・磐田が敵地で浦和撃破!! FWジェイの決勝弾で初白星

ゲキサカ 3月6日(日)15時55分配信

[3.6 J1第1ステージ第2節 浦和 1-2 磐田 埼玉]

 J1は6日、第1ステージ第2節を行い、埼玉スタジアムでは浦和レッズとジュビロ磐田が対戦。前半30分にMF太田吉彰のゴールで磐田が先制するも、後半34分にMF柏木陽介の得点で浦和が追い付く。しかし、同37分にFWジェイが決勝ゴールを奪った磐田が2-1の勝利を収めて今季初白星を獲得した。

 ホームの浦和は2日に行われたACL第2節浦項戦からGK西川周作、DF槙野智章、FWズラタン以外の先発8人を入れ替えてこの一戦に臨んだ。対する磐田は2月27日に行われたJ1第1節名古屋戦と同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。

 序盤こそ磐田がシュートまで持ち込む場面を作り出したものの、徐々に浦和がボール保持率を高める。だが、集中した磐田守備を前になかなかPA内まで侵入できず、たとえシュート場面を迎えようとも相手選手のブロックに遭ってしまった。すると前半29分に磐田が思わぬ形から先制に成功する。

 DF森脇良太からのバックパスを処理しようとしたGK西川周作がPA内でまさかのキックミス。こぼれ球に反応したDF槙野智章にプレッシャーを掛けたMF太田吉彰がボール奪い取ると、無人のゴールに蹴り込んでスコアを1-0とした。

 まずは同点に追い付きたい浦和は前半35分、柏木のスルーパスからMF関根貴大が右サイドを駆け上がると、グラウンダーのクロスに対してFW興梠慎三が飛び込む。しかし、シュートは好反応を見せたGKカミンスキーに阻まれて同点ゴールとはいかなかった。

 1-0と磐田がリードしたまま後半を迎えると、浦和は最終ラインの並びを右から森脇、DF遠藤航、槙野に変更。後半7分には左サイドのDF宇賀神友弥のクロスから興梠がシュートまで持ち込んだが、DF中村太亮にブロックされてしまう。同10分には磐田が好機を創出。高い位置で遠藤からボールを奪ったFW齊藤和樹からPA内でパスを受けたMFアダイウトンがシュートを狙うも西川にストップされた。

 すると前半24分に磐田はアダイウトンに代えてFWジェイを、同25分に浦和は関根に代えてDF永田充を投入。さらに浦和は同32分にFW武藤雄樹に代えてFW石原直樹をピッチに送り込み、状況を打開しようと試みる。すると同34分、ゴール前で受けた柏木が粘ってシュートまで持ち込むと、左足から放たれたシュートはネットを揺らし、ついに浦和が同点に追い付いた。

 しかし後半37分、左サイドからボールを受けたMF小林祐希が相手DFをかわしてゴール前に送ると、ファーサイドのジェイが押し込んで磐田が勝ち越しに成功。そのまま逃げ切った磐田が敵地で2-1の勝利を収めた。

最終更新:3月6日(日)23時24分

ゲキサカ

Yahoo!ニュース 特集(挑戦者たちの背中)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている