ここから本文です

出川 キリで目を刺されかけるも警察に相手にされなかった過去明かす

デイリースポーツ 3月7日(月)22時25分配信

 お笑いタレント・出川哲朗(52)が7日、フジテレビ系で放送された「SMAP×SMAP」のビストロSMAPのコーナーに初出演。約20年前、テレビの影響で若者からボコボコにされる“出川狩り”現象が起こり、キリで目を刺されかけて警察に駆け込んだが、「(実際に)刺されないと事件にならない」と相手にされなかった過去を笑いながら明かした。

【写真】出川、お家芸披露!鼻をザリガニに

 90年代、チーマーらによる“出川狩り”がはやり、「渋谷(なんて)歩けなかった。“(出川を)見つけたらやってしまえ”って。本当にこわかった」と振り返った出川。自宅にもチーマーらが押しかけ、インターホンを鳴らしまくられ、「お~い出川、遊ぼうぜ」などとちょっかいを出されまくる毎日で、「ノイローゼだよ」と恐怖を語った。

 のぞき穴は壊され、玄関の外側からも家の中がのぞける状態に。ある日、ピンポンが鳴り、のぞき穴をのぞくと、「キリでカーン、てやられた。のぞき穴からキリが出てきたの」。それまではガマンを続けていた出川だが、「これはシャレにならない」と思い、翌日、「キリでやられたんですけど、そいつら、捕まえてください!」と警察に駆け込んだ。

 しかし、対応した警察官は「出川さん、刺されないと、事件にならないんだよね」と被害届どころではなく、スルーされたことを笑いながら告白。「時代だよね~」とつぶやいていた。

最終更新:3月8日(火)0時32分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。