ここから本文です

声優の石井マークと榎本温子が結婚 挙式終え「笑い合える素敵な家庭を」

オリコン 3月7日(月)10時22分配信

 アニメ『ガンダム Gのレコンギスタ』ベルリ役、『ハイキュー!!』リエーフ役などで活躍する声優・石井マーク(24)と、アニメ『彼氏彼女の事情』の宮沢雪野役、『ふたりはプリキュア Splash Star』の美翔舞役などで声を務めた榎本温子(36)が結婚した。7日にそれぞれのツィッターで発表した。

人気声優・石井マークの写真付きプロフィール

 石井は「この度、先月挙式を行い結婚したことをご報告させていただきます」と発表し「温子さんとは番組や、趣味がご縁で知り合い、お付き合いするようになりました」と紹介。石井より12歳年上で芸歴も長いが「彼女の暖かい優しさがとても心地よく、次第にこれからの人生のパートナーとして一緒に過ごしていきたいと思うようになり、結婚を決意しました」と説明した。

 今回の発表について「しっかり時間を掛けて二人で話し合いました」という石井。「二人が過ごしていく時間の中で、互いに笑い合える、素敵な家庭を築いていきたいと思っております」と気持ち新たに「新しく始まる生活で、一人の男『石井マーク』として彼女を守って行き、そして声優『石井マーク』としては、たくさんの方を笑顔にすることで、力を与えられよう全力で頑張っていきたいと思っております」とつづっている。

 一方、榎本も「彼と過ごす時間はとても心地よく、また、お仕事のことでも分かりあえて、自然に将来を意識するよになりました。共通の趣味も多く、毎日二人で笑っています」と明かし「まだまだ未熟な二人ですが、これからお互い助け合い、疲れて帰ってきてもふと笑顔になれるような、あたたかい家庭を築いていきたいです」と決意。

 今後も「榎本温子」として活動するといい「初心を忘れず、ひとつひとつの現場を大切にして参ります。これからもどうぞよろしくお願いいたします」と関係者やファンに呼びかけている。

最終更新:3月7日(月)11時40分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。