ここから本文です

戸田恵梨香、再び弥海砂役で『デスノート』続編出演 10年後のミサミサにプレッシャー「とても悩みました」

オリコン 3月9日(水)5時0分配信

 女優の戸田恵梨香が、月とLの死から10年後を描く『デスノート 2016』(10月29日公開)に弥海砂(あまねみさ)役で出演することが8日、わかった。『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』(2006年)『L change the WorLd』(2008年)に続いてのミサミサこと海砂役での出演に戸田は「嘘でしょ!と思いました。10年前の作品で月とLも亡くなっているし……。今回の参加は恐怖の方が強かったです。いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか?というところでとても悩みました」とコメントしている。

【写真】10年後のミサミサは!? 戸田恵梨香 撮り下ろし

 戸田は『DEATH NOTE』でスクリーンデビュー。トップアイドルでありながら、死神に魅入られてデスノート保持者となり、愛する夜神月(藤原竜也)のために死神の目を持つ“第二のキラ”となるヒロイン・弥海砂を好演し、原作ファンから高い支持を得ていた。

 前作の10年後の世界が舞台になる今作では、前作でデスノート所有権を放棄したことでデスノートに関する記憶を失っている海砂は、女優として活動している。しかし、6冊のデスノートが地上に持ち込まれ、キラ復活を望む者とそれを阻止する者たちによる頭脳戦が繰り広げられるなかで、10年前にデスノートを使用しながら唯一生き残った海砂は、月とLの戦いを知る“記憶”と新キャラクターとの絡みが、物語の重要なカギになっていくようだ。

 映画デビュー作となった前作ついて戸田は「スクリーンデビューさせていただいた作品なので、思い入れは強くて。10年前のときはまだまだ新人で、役者を始めて1年も経っていないのにとても大きな作品に参加させていただいたので、芝居もままならない状態でした」と振り返る。そして、その10年後の海砂を再び演じる今作に「だから前作を観ると恥ずかしくて仕方がないんですけど、今回はその当時に戻れるのか、戻っていいのか?戻るべきなのか、進むべきなのか?いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか?というところでとても悩みました。10年経ったいま、『デスノート』を通してまた改めて伝えられるメッセージがあるのかもしれないなと思います」と苦悩を明かしている。

 そんな戸田の起用について、佐藤貴博プロデューサーは「戸田恵梨香さんの演じる弥海砂の復活は、必ず実現させたいと思っていたことです。戸田さんも大きなプレッシャーを感じていたそうですが、それを乗り越えて美しく魅力的な“10年後の弥海砂”を作り上げるために、衣装やメイク、脚本にもたくさんのアイデアを提供してくれました」。佐藤信介監督は「デスノート事件で生き残った伝説の人物。海砂はいま何を想い、新たな事件にどう関わるのか。戸田恵梨香さんの登場は、物語のひとつの柱となり、そしてこの続編にデスノートの息吹をふき込みました」とコメントしている。

 今作は、原作に存在しながらも使われていなかった“6冊ルール”(人間界で同時に存在していいノートは6冊まで)のもと、キラ復活を望む者、それを阻止する者たちによる、6冊のデスノートをめぐる頭脳戦が描かれる。メインキャストには、主人公のデスノート対策本部特別チーム捜査官・三島創を東出昌大、Lの遺伝子を継ぐ世界的探偵・竜崎を池松壮亮、キラを崇拝する狂気の天才サイバーテロリスト・紫苑優輝を菅田将暉。デスノート所有者のひとりであり、思想を持たず無差別殺人を行う“普通の女の子”青井さくらを川栄李奈が演じる。

最終更新:3月9日(水)6時29分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。