ここから本文です

高橋大輔氏フジ「フィギュア中継の顔」に!来季ナビゲーターに就任

デイリースポーツ 3月9日(水)5時0分配信

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪銅メダリストで、2014年に現役を引退した高橋大輔氏(29)がフジテレビの“フィギュアスケート中継の顔”としてナビゲーターに就任することが8日、分かった。来シーズンから現地取材や解説に挑戦。就任前のステップとして同局が5夜連続で中継するシーズン最後の大舞台「世界フィギュアスケート選手権2016」(31日~4月4日、後7・00)にゲスト出演、引退後、初の中継に挑む。

【写真】高橋大輔氏 真央と見つめ合い…

 日本男子フィギュアのパイオニアが、氷上の舞を熱くナビゲートする。

 フジテレビは、世界選手権優勝(10年)、バンクーバー五輪銅メダル(10年)と偉業を成し遂げ、初めてプログラムにヒップホップを取り入れるなど情熱的な舞で人気を誇ってきた高橋氏に注目。「全日本」「四大陸」「世界」といった国内外最高峰の選手権中継のナビゲーターとして白羽の矢を立てた。

 16年12月に同局が中継する「全日本選手権」を皮切りに“高橋ナビ”は加速。現地取材や羽生結弦(21)らへの選手インタビューも予定される。高橋氏は「来シーズンから“ナビゲーター”として皆様にフィギュアスケートを楽しんでいただけるよう努めてまいりたい」と“フジの顔”として挑む中継に意欲を見せた。

 就任前からフィギュアの魅力を伝える機会も得た。ゲスト出演する世界選手権中継では、都内から現地・アメリカで解説する06年トリノ五輪金メダルの荒川静香氏(34)と、やりとりする。高橋氏は「世界最高峰の戦いに参戦する日本代表選手を応援できることを楽しみにしています」と引退後、初の中継を楽しみに待っている。

 同局の加納慎介プロデューサーは「臨場感あふれる中継をナビゲートしていただき、新しいスタイルの番組をお届けできれば」と期待を寄せている。

 高橋氏は14年10月に引退を表明後、米国留学を経験。プロスケーターとしてアイスショーに出演するほか、6月30日開幕のダンスショー「LOVE ON THE FLOOR」にゲストダンサーとして出演するなど活動の幅を広げている。

最終更新:3月9日(水)7時36分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。