ここから本文です

GK山根号泣「大きなGKになりたい」 初戦3失点で「責任をすごく感じて…」

デイリースポーツ 3月9日(水)23時47分配信

 「サッカー女子・リオデジャネイロ五輪アジア最終予選、日本1-0北朝鮮」(9日、キンチョウスタジアム)

 試合終了後、ただ一人号泣したのは、GK山根だった。第1戦のオーストラリア戦では安定感を欠き3失点。この日も危なっかしい場面があったが、何とか無失点でしのぎ、勝利に貢献した。

 涙の理由を問われると「守り切れたことが嬉しかったのもあるけど、やっぱり1試合目の責任をすごく感じてて…。いまさら遅いけど、五輪に出れない現実を確認して…。自分の責任はピッチでしか取り返せない。今日だけは絶対やらせないという強い気持ちでいた」と、心境を激白した。

 佐々木監督にその恵まれた体格と潜在能力を買われ、代表入りしてきた“未完の大器”は「どんな時でも日本のゴールを守り抜く。どんな時でも後ろからチームを支える、大きなGKになりたい」と187センチの体を震わせながら、リベンジを誓った。

最終更新:3月9日(水)23時51分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]