ここから本文です

“乳酸菌が生きて腸に届く意味はない” 乳酸菌飲料・食品の正しい知識に驚きの声多数

ねとらぼ 3月9日(水)21時1分配信

 生きたまま体に取り入れることで健康に良い影響を与えるイメージの強い乳酸菌ですが、実は殺菌されていても効果は同じという事実に驚きの声が多数上がっています。これは、北海道で販売されている「乳酸菌入り雪ミク飲料」に「殺菌」の表示があることに疑問を思ったTwitterユーザーの声から、広く拡散されたもの。

【カルピスのQ&Aに書かれた真実】

 この“殺菌された乳酸菌の効果”については、カルピス公式サイトのQ&Aに書かれています。このQ&Aによると、

「カルピス」は、できたてのおいしさを保つために、最後に加熱処理をし、密封しています。

このとき、乳酸菌自体は死んでしまいますが、乳酸菌がつくりだした乳酸の作用により、おなかの環境を整えたり、発酵によってつくられたカラダによい成分や牛乳の成分が、より消化吸収しやすいカタチになっているという特性には、変わりがありません。

 とのこと。生きて腸に届く必要なかった! なんてこったい!

 また、現在販売されている乳酸菌入りの食品や飲料も、その多くが殺菌済みのもよう。Togetterにいろいろな乳酸菌入り商品の「殺菌」表示がまとめられています。

●3月10日追記22時追記

 当初「生きて腸に届く」は、商品を売るためのキャッチコピーだったわけですね」と書いていましたが、殺菌されているのはあくまでカルピスに含まれる乳酸菌の場合で、ヤクルトの「プロバイオティクス」商品など、生きて腸まで届くことでより効果のある商品もあり、誤解を与える表現でした。お詫びして訂正いたします。

最終更新:3月10日(木)22時23分

ねとらぼ

五輪招致疑惑を調査へ 解明は不透明

東京五輪の招致をめぐる資金提供問題の調査は、どこまで真相に迫れるかが不透明。同様の疑惑は過去にも。