ここから本文です

新潟&手倉森ジャパンに痛手! “エース”鈴木武蔵が約3ヶ月の離脱を発表

theWORLD(ザ・ワールド) 3月10日(木)18時53分配信

リーグ2試合を終えて1勝1敗の新潟

アルビレックス新潟は10日、FW鈴木武蔵、DF松原健、GK黒河貴矢の3選手が負傷の影響で戦列を離れることを発表した。

今年1月にカタールで開催されていたAFC U-23選手権にU-23日本代表の一員として参加していたFW鈴木は同大会で怪我を負い、チーム合流後も別メニューで調整となり、Jリーグ開幕戦への出場も逃していた。またクラブは10日、2月28日の練習中に鈴木が負傷していたことを明かし、全治までは約3ヶ月を要すると発表した。

さらに新潟は同日、DF松原が都内の病院で右ひざ半月板の手術を行い全治までは約3ヶ月、GK黒河も以前から痛めていた右ひざの手術を行い2ヶ月ほど離脱することを伝えている。

新潟はJリーグ第2節を終え、1勝1敗で13位につけている。次節は12日、ホームに横浜F・マリノスを迎え撃つ。主力選手が長期離脱する新潟だが、2試合3得点を記録している好調FWラファエル・シルバなどのパフォーマンスに注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:3月10日(木)18時53分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「悟り」に続く4万8千キロの道
「情熱をもって鍛錬を繰り返せば、新たな悟りが見つかるであろう」お釈迦様のこの言葉に導かれ、慈眼寺の塩沼亮潤住職は若かりし頃、「千日回峰行」という、毎日48kmの山道を歩くことを千日間続けるという厳しく辛い修行を乗り越えました。この啓発的なトークの中で、塩沼住職はこの試練について思い返し、自身の経験から得た深遠な智恵を紹介します。[new]