ここから本文です

【先ヨミ】AKB48『君はメロディー』、ミリオン越えでトップをひた走る!

Billboard Japan 3月10日(木)20時25分配信

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから2016年3月7日~3月9日までの集計が明らかとなり、AKB48『君はメロディー』が約135万枚という圧巻の数字で首位を独走している。

 『君はメロディー』は、AKB48の43枚目のシングルでセンターを務めるのは宮脇咲良。グループの10周年記念シングルになっており、卒業生の前田敦子・大島優子・板野友美・篠田麻里子が参加していることでも話題の作品が、3日間の集計で約135万枚という圧倒的な売上げを出して現在1位に立っている。次週発表のBillboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”で1位になるのはほぼ確実であろう。

 2位は、2.5次元コスプレダンスグループ・アルスマグナの4thシングル『マシュマロ』。3位が、表題曲がTVドラマ『ダメな私に恋してください』主題歌に起用されている、aiko『もっと』。2位と3位は接戦になっており、週末の売上げ次第で順位が変わることは十分にありうる。そして、高橋優の2016年第1弾シングル『さくらのうた』が4位に。5位には、EXILE ATSUSHI + AI『No more』が入っている。

◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2016年3月7日~3月9日までの集計)
1位:AKB48『君はメロディー』
2位:アルスマグナ『マシュマロ』
3位:aiko『もっと』
4位:高橋優『さくらのうた』
5位:EXILE ATSUSHI + AI『No more』

最終更新:3月10日(木)20時25分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。