ここから本文です

張本氏 巨人・高木投手に「まだ26歳…更正の道を」

デイリースポーツ 3月13日(日)10時13分配信

 野球評論家の張本勲氏(75)が13日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜、前8・00)で、巨人・高木京介投手(26)の野球賭博関与について「援護するんじゃないですが」と前置きしたうえで「(自分が投げた試合で)敗退行為してない。自分のお金で賭け事した。まだ26歳。更生の道を開けてあげてほしい」と語った。

【写真】張本氏が泣きそうになった高木の会見 愛甲氏は「煮え切らない」

 張本氏は開口一番「大バカ者。両親に死ぬほど心配かけて、友人知人に迷惑かけて」とバッサリ。苦虫を噛み潰したような表情を見せた。だが高木の賭博が八百長行為ではなかったことを重要視し「賭け事が好きな人もいる」と擁護した。

 高木投手の会見の様子には「自分の子どもだったら」と思わず感情移入。「会見を見ていて涙が出そうだった。もうすぐ子どもも生まれる。ペナルティを課してもいい。でもちょっとだけ道を開けてあげてほしい」と更生のチャンスを訴えた。

 さらに「これからまだ50年も、60年も生きていかなきゃいけない。気持ちを切り替えて欲しい」と後輩を諭すように語りけていた。

最終更新:3月13日(日)10時29分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]