ここから本文です

巨人、笠原元投手らが歪曲情報流布と発表 NPBに対応求める

デイリースポーツ 3月13日(日)21時49分配信

 巨人は13日、マスコミ各社へのファクスで、選手の野球賭博問題に関して、昨年10月に野球賭博に関与したとして無期失格処分となった笠原将生元投手と、野球賭博の常習者とされるB氏が、野球賭博に関するNPBや巨人の調査に関して、事実を歪曲したり、誇張した情報を週刊誌や新聞に持ち込んでいることが分かったと発表した。NPBにも対応を求めたとしている。

【写真】元巨人・笠原氏が野球大会に

 球団の発表によると、B氏らが週刊誌などに持ち込んでいる情報は(1)巨人が昨年10月に初めて野球賭博を公表した時点で、笠原元投手らが野球賭博をしていたことを把握していたのに、隠していた(2)NPBの調査委員会が昨年11月10日に発表した調査報告書とは別に、野球協約違反の事実があることを把握していた、など。これに対して「明らかに事実に反しており、裏付ける証拠も多数あります」としている。

 ファクスでは、「B氏と笠原氏は、NPBと当球団からの調査協力の要請に応じる姿勢を見せないまま、このように事実に反する情報を流布し続けています。これは、双方の捜査への協力を拒否するだけではなく、情報の撹乱を意図したものであると疑わざるを得ません」と、B氏らの対応を批判した。

 NPBにも「B氏と笠原氏に調査への協力をあらためて求めることと、事実に反する情報の流布をやめるよう、緊急対応していただきたい旨、要請しました」としている。

最終更新:3月13日(日)22時53分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5月24日(火)

オバマ氏広島へ 「核なき世界」訴え