ここから本文です

元タニマチが明かした清原の“シャブ漬け”ぶり

リアルライブ 3月15日(火)12時20分配信

 覚せい剤取締法違反(所持)罪で起訴され、同法違反(使用)容疑で警視庁に再逮捕され、15日に拘留期限を迎える清原和博容疑者だが、すさまじい“シャブ漬け”の実態を明かした元タニマチのインタビューが、発売中の「フラッシュ」(光文社)に掲載されている。

 同誌によると、インタビューに応じたのは清原容疑者の元タニマチである会社社長のX氏。X氏は清原容疑者に覚せい剤を密売して逮捕された、小林和之容疑者と清原容疑者を引き合わせた人物だという。

 X氏は清原容疑者が性行為の際に覚せい剤を使用していたことを赤裸々に暴露。04年のプロ野球史上初のストライキがあった日には、その“現場”に居合わせたという。

 覚せい剤の使用法としては、注射器、ポンプ、あぶって煙を吸い込む「あぶり」などが知られているが、清原容疑者がやっていたのは「ケツ入れ」。クレジットカードなど、カードの角で覚せい剤を粉々にクラッシュ。指にローションを塗り、粉末状の覚せい剤をすくい取り、自分の尻の穴にねじ込んだというのだ。

 おととしの年末には、「覚せい剤の使用をやめよう」と話し合い、“引退式”を決行しようとしたが、実現せず。結局、清原容疑者が逮捕されてしまったというのだ。

 「X氏も薬物事件で逮捕されたことがあるが、小林容疑者をめぐり、清原との関係が決裂。清原はX氏が自分を売ったと思って周囲に不満を漏らしていたようだ。とはいえ、塀の中の清原はX氏に対して“報復”することもままならない」(週刊誌記者)

 各スポーツ紙などによると、清原容疑者が15日までに同法違反(使用)罪で起訴されれば、保釈申請が可能になるため、近日中に保釈される見込みもありそうだというのだが…。

 「いろいろしゃべってしまった清原容疑者は外に出てからの“報復”におびえる日々だとか。警察としても、別件で逮捕していろいろ情報を引き出した方が得るものがありそう」(同)

 保釈すれば治療のために病院に直行とみられているが、清原容疑者の胸中やいかに。

最終更新:3月15日(火)12時20分

リアルライブ