ここから本文です

ゲーマー・柏木由紀 1か月のゲーム時間70時間「寝る間を惜しんでゲームする」

リアルライブ 3月15日(火)20時23分配信

 14日深夜放送の日本テレビ「HKT48vsNGT48さしきた合戦」でAKB48兼NGT48の柏木由紀が、1か月のゲーム時間を自慢した。

 番組では、HKT48とNGT48の「はじめてのスーパーファミコン対決」が行われた。柏木はバイクに乗って助っ人として登場。

 ゲーマーとして知られている柏木。「(ゲームが)すごい好きなので、1か月で70~80時間」とプレイ時間を告白し、ゲームの腕前をアピール。

 指原莉乃は「本当にゲーム好きなんです」と説明し、柏木は「寝る間を惜しんでゲームをするぐらい。今日はもってこいの企画だなと思っております」と自信満々だった。

 本番では、指原と「マリオカート」(任天堂)で対決。コースはクッパ城で、指原はマリオ、柏木はヨッシーを選択し、レースに挑んだ。スタートから優位に立ち、最終ラップまで柏木が前を走っていたが、最終ラップに悲劇が訪れる。

 ゴール前でヨッシーが溶岩の中に落ちてしまいまさかのロス。その隙に、驚異的な追い上げをみせていた指原のマリオが、ギリギリで差し切り見事勝利。まさに奇跡の大逆転となった。

 大喜びする指原。一方、負けた柏木は悔しさのあまり崩れ落ち、ゲーマーとしての面目が丸つぶれになってしまった。

最終更新:3月15日(火)20時23分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。