ここから本文です

衝撃のオーバーヘッド弾を決めたレスター岡崎 スペイン紙でも大絶賛「アニメのような動き」「歴史に名を残せる」

theWORLD(ザ・ワールド) 3月15日(火)17時20分配信

ベニテスの初陣を黒星にさせたキーマン

14日、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターはプレミアリーグ第30節で、ラファエル・ベニテス監督が率いるニューカッスルに1-0のスコアで勝利を収めた。岡崎慎司が決めたゴールがスペインメディアでも大絶賛されている。

スペイン紙『MARCA』の電子版はこのゴールシーンを動画で紹介し、「ベニテスのデビュー戦を苦いものにさせた岡崎」という見出しをつけ、「アニメーションのような動きをスクリーンに投影するかのようにプレイして見せた」と称えた。岡崎のゴールが生まれたのは25分。強固な守備網の形成に定評のあるベニテスは、初陣ではやくもニューカッスルに固い守備力を植えつけた。レスターはニューカッスルの守備に苦戦していたなかで、岡崎がチームを救うゴールを奪取する。セットプレイの流れからFWジェイミー・バーディの折り返しを受けた岡崎が、華麗なオーバーヘッドキックで今季5得点目となるゴールを決めた。

さらに同紙は岡崎について、「これまで無名に近いキャリアを過ごしてきたが、スリリングな活躍を見せるレスターとともに、歴史に名を残せる選手となる」と高く評価。バレンシアやレアル・マドリードを率いたラファエル・ベニテスを打ち破るゴールを決めたことで大注目の存在に。乾貴士がエイバルで活躍するスペインでも、岡崎の名前が轟いている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:3月15日(火)17時31分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「悟り」に続く4万8千キロの道
「情熱をもって鍛錬を繰り返せば、新たな悟りが見つかるであろう」お釈迦様のこの言葉に導かれ、慈眼寺の塩沼亮潤住職は若かりし頃、「千日回峰行」という、毎日48kmの山道を歩くことを千日間続けるという厳しく辛い修行を乗り越えました。この啓発的なトークの中で、塩沼住職はこの試練について思い返し、自身の経験から得た深遠な智恵を紹介します。[new]