ここから本文です

藤原竜也、経歴詐称を告白 中学時代のサッカー歴は「全くのウソ」

デイリースポーツ 3月16日(水)11時21分配信

 俳優・藤原竜也(33)が16日、読売テレビ「す・またん」のインタビューに答えて自身の経歴詐称を明かし、謝罪した。

 映画「僕だけがいない街」(19日公開)に主演している藤原。過去に戻って人生をやり直す“リバイバル”という現象に巻き込まれる主人公の物語で、藤原自身が「やり直したい過去」を吐露した。

 藤原は15歳で蜷川幸雄演出の「身毒丸」のオーディションでグランプリを受賞し、天才新人と絶賛された。だが中学時代はサッカーに夢中になり「サッカー中心だとどんな人生を送っていたのか、巻き戻して見てみたい」と振り返った。

 だがそのときに自身の“経歴詐称”を告白。芸能界に入るときの資料として「埼玉県選抜補欠」「秩父市選抜レギュラー」と書いていたが「実はその2つ、全くのウソ」と苦笑いした。

 レギュラーどころか「秩父選抜にも選ばれてなかったので、リバイバルして、そのウソを謝罪したい」と、申し訳なさそうに表情を浮かべていた。

最終更新:3月16日(水)16時17分

デイリースポーツ

オバマ氏広島へ 「核なき世界」訴え