ここから本文です

浅野が2得点でジャガーポーズ連発…広島、ACL初勝利で公式戦6試合ぶり白星

SOCCER KING 3月16日(水)20時50分配信

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第3節が16日に行われ、サンフレッチェ広島とブリーラム・ユナイテッド(タイ)が対戦した。

 昨季J1王者として2年ぶりにACL参戦の広島は、初戦からまさかの2連敗。グループステージ突破へこれ以上負けは許されない。今節は同じく2連敗のタイリーグ王者ブリーラムをホームに迎えて初勝利を狙う。先発メンバーには青山敏弘、水本裕貴らに加え、浅野拓磨が1トップ、宮吉拓実と野津田岳人が2シャドーに入った。一方でピーター・ウタカ、塩谷司、ミキッチらはベンチスタート。負傷した佐藤寿人はメンバー外となった。

 広島は7分、野津田がペナルティエリア手前中央で左足を振り抜くが、シュートは相手GKがセーブ。こぼれ球に詰めていた浅野が右足で蹴り込むが、枠を捉えられなかった。27分、高い位置でボールを奪った広島は、野津田のパスを受けた浅野が、エリア手前中央で右足を振り抜くが、シュートは枠の左に逸れた。さらに33分、柏好文がエリア内右からクロス。中央の野津田が頭で合わせるが、相手GKの好セーブに阻まれた。

 広島はチャンスを作るものの、なかなか得点を奪えない時間が続く。だが、前半終了間際の42分に均衡を破った。移籍後初先発の宮吉が縦に絶妙なスルーパス。抜け出した浅野がスピードに乗ってエリア内に侵入し、右足でゴール右隅に流し込んだ。浅野は自身ACL初ゴールで、“ジャガーポーズ”を披露して喜んだ。前半は広島の1点リードで折り返す。

 後半に入って55分、広島が追加点を奪う。青山の縦パスを敵陣中央の野津田のダイレクトで後方に流す。それに反応した浅野が一気にスピードに乗って抜け出し、落ち着いて右足でゴール右隅に沈めた。この日2得点の浅野は再び“ジャガーポーズ”で披露した。リードを2点に広げた広島は74分、宮吉を下げて柴崎晃誠を投入。79分には柏に代えてミキッチをピッチに送り出した。

 すると81分、柴崎がエリア内中央でパスを受けて、後方に落とす。そこに走り上がってきた清水航平が、エリア内左で右足を振り抜き、ゴール右隅に決めた。直後の82分、浅野を下げて皆川佑介を投入した。試合はこのまま3-0でタイムアップを迎え、広島が今季ACL初勝利。今季ホーム初勝利で公式戦6試合ぶりの白星となった。

 広島は、4月5日にアウェーで行われるACLグループステージ第4節で再びブリーラムと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 3-0 ブリーラム・ユナイテッド

【得点者】
1-0 42分 浅野拓磨(広島)
2-0 55分 浅野拓磨(広島)
3-0 81分 清水航平(広島)

SOCCER KING

最終更新:3月16日(水)23時7分

SOCCER KING

Yahoo!ニュース 特集(挑戦者たちの背中)

英EU離脱 首相選びを世界が注視

国民投票でEUからの離脱が決まった英で、離脱交渉を担う次期首相選びが始まった。議会には解散総選挙の可能性も。