ここから本文です

AV収録被害の女子アナ 民放キー局初出演で目指す夢

東スポWeb 3月17日(木)6時0分配信

 テレビ愛知出身のフリーアナウンサー松本圭世(26)が、今月3日深夜の日本テレビ系バラエティー番組「ネクストブレイク」に出演し、昨年10月にフリーに転身後、初めて民放キー局の番組出演を飾った。

 アナとして若手の部類ながら、ここまで苦難の道のりを強いられた。

 名古屋大生時代に、だまされてAV収録に参加させられ、その映像を本人の許可なく販売された被害に遭う。性行為は一切なかったものの、これがテレビ愛知の契約アナ時代に発覚し、騒動になった。

 それでもくじけず、映像関連の制作会社A.T.Lとマネジメント契約を結んで昨年10月にフリーアナに転身。今年2月には、おネエタレントのIVAN(32)らが所属する芸能事務所エヌウィードと業務提携した。現在、A.T.Lとエヌウィードの両社からバックアップを受けながら活動している。

「ネクスト――」で松本は、人気アナがブログで誹謗中傷された騒動を告白。番組MCの「オードリー」若林正恭(37)らを驚かせた。テレビ関係者によれば「“ぶっちゃけトークができるフリーアナ”として注目を集めている」という。

 松本は「今後もバラエティー番組に出させていただいて、ゆくゆくは報道番組のキャスターを目指したいです!」と意気込む。

 並行して、自身が味わった苦い経験を糧に、AV出演被害を撲滅する活動も行っていく。

 近年、タレントデビューを持ちかけられた一般女性が、実際にはAV出演契約を結ばされるといった事件が頻発。松本は、これらの被害を許さない構えで「私が表に出て訴えることで、女性が被害に遭わないよう啓発していきたいです」と力を込める。

 フリーの女子アナとしては異色の立ち位置。競争が激しい女子アナ界で“台風の目”になりそうだ。

最終更新:3月17日(木)7時24分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。