ここから本文です

国分太一、“身長詐称”の可能性を告白 プロフィル欄には記載なし

デイリースポーツ 3月17日(木)9時52分配信

 TOKIOの国分太一(41)が17日放送のTBS系「白熱ライブ ビビット」で、“身長詐称”の可能性があることを告白した。

 番組では、経歴詐称が明らかになった経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏の問題を特集。その中で、事務所や本人が提出するタレント名鑑にも実際には卒業していない「ハーバード大学院」の記載があったことなどを放送した。

 その流れの中で、国分はいきなり「ぼくも今、身長何センチかわかりません!」と告白。「170センチって言ったこともあるけど、ないです!」と真顔で叫び、スタジオは爆笑に包まれた。

 「正直すぎる~」という周囲のツッコミに、国分は「怖くなって来ちゃった」と胸をさすりながらコメント。川上氏の“ウソ”が、さまざまな方面へ波及し、大騒動になってしまった怖さを、番組を通して実感したようだ。

 そんな国分の告白に、コメンテーターの千原ジュニアが「ショートKやな」とポツリと突っ込み、再びスタジオは爆笑に包まれていた。

 ちなみにジャニーズ事務所の公式HPの国分のプロフィル欄には、身長の記載はない。

最終更新:3月17日(木)10時5分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。