ここから本文です

シャープ、世界初の「蚊取空清」を発売

ITmedia LifeStyle 3月17日(木)12時25分配信

 シャープは3月17日、世界初の「蚊取空清」(蚊取り機能付きプラズマクラスター空気清浄機、型番は『FU-GK50』)を発表した。蚊の習性と空気清浄機の吸引力を利用し、薬剤を使わずに蚊取りシートで捕獲するというもの。昨年秋からマレーシアなどのASEAN地域6カ国で販売して好評だという。日本では4月23日に発売する予定で、価格はオープンプライス。店頭では5万円前後(税別)になる見込みだ。

実際に蚊をキャッチしたときの映像

 先行して販売を始めたシャープマレーシアの担当者は、「ASEANでは快適な生活空間を保つため、空気ケアと同時に蚊対策も重要だ。日常的に殺虫剤で対策しているが、健康への不安も同時に感じている」と指摘する。「そんな中、日本のメンバーから空気清浄機で蚊がとれるかもしれないと聞き、一緒に取り組んだ」と開発の経緯を説明した。まず蚊の習性を学ぶため、マレーシア保健省医療研究所(IMR)と共同検討をスタート。67回もの実証テストを繰り返し、効果的な3つのステップによる「モスキートキャッチャー」に辿り着いた。テストに使用した蚊の数は1万匹以上に上るという。

 「蚊取空清」では、まず蚊が好む360nmの紫外線を含むUVライトの光で蚊を誘い込む。蚊は自分が目立たない黒い色を好むため、本体カラーには黒を採用。さらに蚊が暗がりや物陰に隠れたがる習性を利用して、吸気口を兼ねて本体側面から背面にかけてに複数の“窓”を用意した。中に入った蚊は、空清機能の気流で外に出られなくなり、粘着式の蚊取りパネルで捕獲される。なお、使用した蚊取りシートは折りたたんで可燃ゴミとして捨てることができる。

 空気清浄機としての性能も妥協していない。遠くのホコリを引き寄せるスピード循環気流や静電HEPAフィルターなど3つのフィルターで集じん・脱臭機能を強化。あわせてプラズマクラスターイオンでフィルターでは対応できないタバコの付着臭も消臭する。適用床面積は23畳(38m2)。花粉の季節に適した「花粉運転」モードも備えている。

 本体サイズは391(幅)×281(奥行き)×540(高さ)mm。重量は約5.9kg。

 マレーシアでは昨年10月に製品化され、使用者から多くの声が寄せられている。例えば、あるおばあさんは「蚊が多くて孫が遊びに来たがらなかったが、蚊取空清の効果で蚊が減り、孫が頻繁に遊びにくるようになった」と話している。

最終更新:3月17日(木)12時25分

ITmedia LifeStyle

五輪招致疑惑を調査へ 解明は不透明

東京五輪の招致をめぐる資金提供問題の調査は、どこまで真相に迫れるかが不透明。同様の疑惑は過去にも。