ここから本文です

“ヨガ友佑都”をインテル同僚が称賛「彼はグレートでとにかくヨガをしてる」

theWORLD(ザ・ワールド) 3月17日(木)17時31分配信

同僚の真面目な姿勢を称賛

日本人もイタリア人も、さらにはブラジル人も彼のことが大好きなのかもしれない。セリエAのインテルでプレイする日本代表DF長友佑都を、チームメイトのブラジル人DFファン・ジェズスが“グレート”だと語っている。

2011年にイタリアのチェゼーナからインテル移籍を果たした長友。元チームメイトのマイコンやハビエル・サネッティから多くを学び、いまやインテルにおいて欠かすことのできないDFへと成長した。またピッチ外でもその打ち解けやすい人柄からムードメーカーとしての役割を担っている長友について、同僚のファンは次のように話している。伊『Gazzetta dello sport』が同選手のコメントを伝えた。

「ナガトモはグレートな同僚さ。とんでもなくハードに仕事をこなしてるし、練習前にはとにかくヨガをしてるよ。長友はどんな時だって誰よりも早く練習場に来て、帰るのは1番最後だ」

インテルの後輩にとって、“疲れを知らない”サムライの姿勢は参考にすべき模範となっているようだ。長友のストイックな仕事への取り組みは確実に結果となってあらわれることになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:3月17日(木)17時31分

theWORLD(ザ・ワールド)

Yahoo!ニュース 特集(挑戦者たちの背中)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている