ここから本文です

伊集院光、大沢悠里後継に“重圧”なし 「あの人は化物」

オリコン 3月18日(金)15時32分配信

 タレントの伊集院光が18日、都内で行われたTBSラジオ『伊集院光とらじおと』(11日スタート 月~木曜 前8:30~)、『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』(15日スタート 毎週金曜 前8:30~)の記者発表会見に出席した。

大沢悠里、『ゆうゆうワイド』丸30年の4月で降板

 『伊集院光と~』は、4月8日に終了する同局ラジオの看板番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』の後番組としてスタート。メインパーソナリティーを務める伊集院は「大沢悠里さんという偉大な人の番組の後だったら、プレッシャーよりも誰がやっても勝てないってことで、むしろハードルが下がってると思う」とリラックスした様子で心境を語った。

 続けて「僕の地元の工場では『どうせ大沢悠里しか聴かない』からって、ボンドでダイヤルを固定してるところがたくさんある」と明かし「そのままこちらもお試し、習慣の一つで聴いてもらえると思う。悠里さんにはかなわないけど、俺らは俺らなりの面白いことをやってると提示できることが、まず最初のチャンスであり、使命であると感じてる」と気合十分。

 同局系『月曜JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力』でカリスマ的人気を誇っている伊集院だが、ラジオ界の“レジェンド”である大沢相手には「勝とうと思ってもあの人は化物ですから…。もっと衰えてからならいいのにバリバリ現役のまま時間帯を移された…」とボヤいて、笑わせていた。

 会見にはそのほか、『伊集院光と~』からは、アシスタントを担当する安田美香(月曜)、上田まりえ(火曜)、吉井歌奈子(水曜)、有馬隼人(木曜)、木曜パートナーを務める柴田理恵、『有馬隼人~』からは、メインパーソナリティー・有馬のほかに、金曜パートナーを務める山瀬まみが出席した。

 なお、『大沢悠里のゆうゆうワイド』は、リスナーから継続を望む声が多数寄せられたため、土曜日での放送が決まり、4月9日から『大沢悠里のゆうゆうワイド 土曜日版』(毎週土曜 後3:00)としてスタートする。

最終更新:3月18日(金)18時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。