ここから本文です

ショーンK ラジオで涙の謝罪「過ちの原因は私に」…番組は打ち切り

デイリースポーツ 3月19日(土)21時2分配信

 経歴詐称が明らかになった経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(47)が19日、J-WAVEの番組で、「過ちの原因は私にあります」と涙で謝罪した。騒動後、肉声でのコメントは初めて。同氏が15年半にわたりナビゲーターを務めてきた番組「MAKE IT21」(土曜、後9時)は、騒動を受けて打ち切りが発表された。

【写真】フジテレビがショーンK降板番組の新メンバー発表…こちらも高学歴

 川上氏は午後9時からの番組冒頭から4分にわたり、涙で声を震わせ、鼻水をすすりあげながら、謝罪の言葉を述べた。「リスナーのみなさん、関係者のみなさん、このたびはとてつもないご心配とご迷惑をおかけして、お詫びの言葉も見つかりません。ただただ、心から申し訳なく思っています」と涙声で謝罪。

 「何をどのように伝えられても、今回の取り返しのつかない事態の発端と過ちの原因、その責任はこの私にあります」と反省の弁。落ち着いた低音ボイスは次第に乱れ、「このことを重く重く受け止め、長らくの休業、メディア活動の停止を決意しました。リスナーの皆さん、長い間、毎週毎週聞き続けてくださってありがとうございます」と涙で声を震わせ、鼻水をすすりながら反省と感謝の気持ちを伝えた。

 川上氏は16日発売の「週刊文春」で学歴などの経歴詐称が報じられることを受け、15日にHPで経歴詐称を認めて謝罪。レギュラー番組の出演自粛を発表していた。

 川上氏の肉声謝罪後、J-WAVEの同番組の公式HPでも同日、番組の終了が告知された。また、「ショーンKさんのプロフィールの確認が不十分であったため、みなさまにご迷惑おかけ致しましたことをお詫び申し上げます」と謝罪が記された。

最終更新:3月19日(土)22時36分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。