ここから本文です

インテル元会長が思う、怪物ロナウドより優れていた選手はあのファンタジスタ 「普通のプレイじゃない」

theWORLD(ザ・ワールド) 3月19日(土)18時0分配信

セリエAを代表するファンタジスタ

インテルで数々のスター選手を獲得してきた元会長のマッシモ・モラッティ氏には、どうしても忘れられない選手が存在する。

伊『Internews.it』によると、モラッティ氏最大のお気に入りは元ウルグアイ代表FWアルバロ・レコバだ。同氏はレコバのファンタジー溢れるプレイに魅了されていたようで、あの怪物ロナウドよりも上と語った。

「チーノ(レコバの愛称)は普通のサッカー選手じゃなかった。彼のプレイは普通ではなかったんだ。私はロナウドよりもチーノを愛しているよ。なぜなら彼は私を何度も驚かせてくれたからね」

レコバは典型的なファンタジスタタイプで、アイディア溢れるプレイが最大の魅力だった。ロナウドも怪物らしいプレイをインテルで見せていたが、同氏にとってレコバはロナウドをも超える逸材に見えたのだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:3月19日(土)18時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

思わず息を呑む生後21日間のミツバチの姿
ミツバチが姿を消している事は誰もが知っていますが、ミツバチの巣がそれ程までに脆弱化して来ている原因は何でしょうか?写真家のアナンド・ヴァルマーは、自分の裏庭でミツバチの生態を撮影しました。このナショナル・ジオグラフィックの企画を通して、ミツバチの棲家の叙情的な一コマを垣間見れると共に、生後21日間のミツバチの命が寄生ダニに脅かされている様子を目の当たりにする事が出来ます.