ここから本文です

ヒロミ、ゲス川谷の姿勢に激怒「全部この人から始まっているのに」

MusicVoice 3月20日(日)11時23分配信

 不倫騒動に揺れるゲスの極み乙女。川谷絵音の姿勢ついて、タレントのヒロミが「全部この人から始まっているのに」と声を荒げた。

 川谷は、ベッキーとの不倫疑惑が報じられて以降、謝罪するコメントは発表しているものの、会見などはせず音楽活動は継続。騒動のなかで発売したアルバム『両成敗』では自身初のオリコン1位を獲得。先日も、全国ツアーをスタートさせるなど、芸能活動休業中のベッキーに反して、“順調”に活動を続けている。

 20日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』では、厳戒態勢のもとでおこなわれた、全国ツアーでの様子など一連の騒動を取り上げた。ゲスト出演した、ヒロミは「コンサートもさあ、誰が主導でやってんだ。音楽業界ってそんなもんなのか。プロダクションが守っているというのか分かんないけど」となかば呆れ気味で口を開いた。

 メンバーあるいはツアーの出演者らしき人物が、移動車のなかで笑顔を見せていることにも触れ「笑っちゃってたりしているじゃない。俺は結構、この人たち好きで、歌を買っていたりしたから。大人だからね。迷惑かけているに決まっているじゃん。マッチポンプだから、自分からベッキーを誘って、結婚もしていたとか、全部この人が始まりで、今こうなっているわけじゃん。文春に答えたりして。それは取材に来るよ。コンサートもやれば来るよ。でも答えたくない、答えない、誰に言えばいいってさ。それで周りがああやって、茶化してんのか。気分悪いじゃん、見てて。人気があるなら守りたいのはわかるけど」と語気を強めた。

 更に、「だったらベッキーを守ってやろうと、バラエティ班ももう少しどうにかしたほうがいいじゃないとか、出してやってもいいとか」とベッキーを擁護。それでも、「俺は(ゲスの極み乙女。の音楽は)好きで買ってたけど、俺はもう買わない。良い曲だけど」と川谷の才能を認め、一連の姿勢に落胆した。

 川谷は11日にツイッターで、「週刊文春」に「ネットとかでみんな『謝れ』って言うけど世間の誰に謝ればいいの?」などと発言したとの記事が掲載されたことを受け、自身の考えを主張。「色んな切り取られ方をしていますが『誰に謝ればいいのか』という発言はファンの方々や関係者の皆さんに対しての言葉ではありません」と反論し、「ファンの皆さんには真摯に音楽で向き合いたいと心から思っています」と心境を綴り、ネット上で物議を醸していた。

 また、先月25日発売の「週刊新潮」が伝えたところによると、ベッキーの関係者が川谷に“事情聴取”を実施。そのなかで川谷は、妻帯者であること、夫婦関係は冷え切っていること、そして年内(昨年)にも離婚することをベッキーに言っていたと明かしていたという。

最終更新:3月20日(日)11時32分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。