ここから本文です

原口躍動!!半年ぶり今季2ゴール目に2戦連続の絶妙アシスト

ゲキサカ 3月20日(日)1時24分配信

[3.19 ブンデスリーガ第27節 ヘルタ・ベルリン2-1インゴルシュタット]

 ブンデスリーガは19日、第27節2日目を行い、FW原口元気の所属する3位ヘルタ・ベルリンはホームでインゴルシュタットと対戦し、2-1で勝った。原口は右サイドハーフでフル出場し、後半9分に先制点。23試合ぶりとなる今季2ゴール目を決めると、同24分には2戦連続アシストを記録し、チームを2連勝に導いた。

 約半年ぶりの一撃が貴重な先制点となった。0-0で迎えた後半9分、高い位置でボールを奪ったヘルタはMFサロモン・カルーが左サイドに展開。オーバーラップしてきたDFマービン・プラッテンハルトの折り返しをニアに走り込んだ原口が右足で捉え、ゴールネットを揺らした。

 2月10日のDFBポカール準々決勝・ハイデンハイム戦(3-2)でも決勝点を決めた原口だが、リーグ戦では昨年9月12日のシュツットガルト戦(2-1)以来、23試合ぶりの得点で、今季2ゴール目。さらに後半24分、中央のMFペア・シルヤン・シェルブレットが右サイドに展開したボールを原口が右足ダイレクトでGKとDFラインの間にグラウンダーのクロスを通し、ファーサイドのカルーが左足で流し込んだ。

 ピンポイントクロスで追加点をアシストした原口は2戦連続となる今季3アシスト目。原口の1ゴール1アシストで2-0とリードを広げたヘルタは後半30分にクロスからFWルーカス・ヒンテルゼーアにヘディングで1点を返されたが、そのまま2-1で逃げ切り、2連勝を飾った。来季の欧州CLにストレートインで出場できる3位キープへ大きな勝ち点3。ボルシアMGを下して4位に順位を上げたシャルケとの勝ち点差は「4」となっている。

最終更新:3月20日(日)1時28分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている