ここから本文です

中村ゆうじ、27年支え続けた「大食い王」卒業 

デイリースポーツ 3月21日(月)5時0分配信

 テレビ東京の看板番組「元祖!大食い王決定戦」で1994年からMCを務める「大食い番組の顔」で、俳優、タレントの中村ゆうじ(59)が、4月3日放送の「元祖!大食い王決定戦~爆食女王 新時代突入戦~」(後6・30)をもって番組から卒業することが20日、分かった。中村は本紙の取材に「パワーのいる仕事。選手も低年齢化してきた。50歳を過ぎていつか区切りをつけようと考えていた」と説明した。

 MCで22年、それ以前を含めると約27年にわたって大食いと関わってきた中村は「パワーのいる仕事。自分の体力の衰えもある。MCとはいえ力技ですから」と、達成感を漂わせながら語った。

 50歳を過ぎてから「いつか身を引こうと思っていた」という。数年前から局側に伝え、2014年秋には正式に卒業を申し入れた。当然、局側は翻意を促したが、「60歳が限界。そこで区切りをつけたい」との思いが強く、中村が59歳でMCとしても59回目の出演となる今回をもっての卒業が決まった。

 番組は選手が食べることで成立するが、雰囲気や盛り上げる演出には中村のMCが大きな役割を占める。「食って、食って、食いまくるぞーっ!」「爆食」などの名文句を生み、また、出場者のキャラクターを瞬時にとらえてギャル曽根、ジャイアント白田といった愛称を付けて、番組以外でも活躍する人材を送り出した。

 一方で45分間、決勝では60分間の試合中は絶え間なくしゃべり続ける激務でもあり、1試合を終えると選手は数キロ太るが、中村は「ぐったりする。精神的にもきつい」と数キロやせる。「これまでで一番きつい仕事」と振り返った中村だが「なかなか27年もの間、1つの仕事を続けられない。自分の中では大きなことでした」と長年の起用に感謝した。今後は「芝居に力を入れていく」という。

 最後の出演は「納得いく形でできた」ときっぱり。「アジアの最強女王戦。中国と台湾から参戦する招待選手の活躍と、日本選手との戦いに注目」と、最後まで愛情たっぷりに語っていた。

最終更新:3月21日(月)5時0分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

長く続く恋愛関係における欲望の秘訣
長く続く関係において愛するパートナーに望むことは、ベストフレンドであり、また官能的なパートナーであって欲しいと言うものです。エステル・ペレルは心のこもった良いセックスには「安心」と「サプライズ」という2つの相反するものが求められると指摘します。では、欲望はどのように維持できるのでしょうか?