ここから本文です

関係者が告白 ショーンKのいま

デイリースポーツ 3月21日(月)9時30分配信

 ショーンKことショーン・マクアードル川上氏(48)の経歴詐称騒動に関し、J-WAVEの「MAKE IT21」(土曜、午後9時)プロデューサーが21日、TBSテレビ「白熱ライブ ビビット」(月~金曜、前8・00)の独占インタビューに応じ、川上氏が肉声メッセージを収録したときの様子を明かした。

 川上氏は19日午後9時にオンエアされた同ラジオ局同番組で、リスナーに肉声で約4分間にわたるメッセージを発表し、涙ながらの謝罪を行った。そのときの様子についてプロデューサーは「見たことがないようなショーンがそこにいました」と明かした。音声の収録が行われたのは同日午後。「ずっと謝り続けて、顔も上げられない、本当に憔悴しきったショーンKがいて、ずっと謝罪の言葉しかないです。『ごめんなさい』っていうことと、『すいませんでした』というような。それをひたすら繰り返しているだけです。スタッフに対しても」と話した。

 かなり追い詰められている印象だったともいい、「私は手を握ったり肩を抱いたり、そういうふうにしながら言葉をかけ続けた」というプロデューサー。収録が終わると「なかなか顔も前を向かないで、伏し目がちでしたが、とにかく最後の力を振り絞って、番組のリスナーにメッセージを伝えようと。ここはしっかり自分でコメントを出さなきゃという気持ちは伝わってきました」と振り返った。

 また、プロデューサーは「いまはこの番組は一旦お休みするしかないと思うんですけども、この番組をどうしたいというよりかは、ショーンさんがもし社会に復帰できるような、メディアに復帰できるようなことがあるんであれば、許されるような状況があるんであれば、戻ってきてほしいなと思いますけども、今はとにかくゆっくり休んでほしいという気持ちだけです」との思いも語った。

最終更新:3月21日(月)9時35分

デイリースポーツ