ここから本文です

あ、これ死亡フラグだわ…… 「意味深な看板」が抑止効果バツグン

ねとらぼ 3月23日(水)23時58分配信

 たまに道で見かける「この先注意!」などの看板ですが、そんな普通の呼びかけではない、ある看板が話題になっています。

【看板の文字をよく見ると……】

 一般的なのは「危険!」「注意!」「危ない!」「行くな!」など、警告的な言い方がされていますが……?

「無 事 に 帰ってね!」

 なんでしょうこの不吉さMAXな感じは……言葉の裏を読ませて“無事に帰れない可能性がある”と想像させる点が秀逸です。

 「行くなよ! 絶対行くなよ!?」と言われた方が行きたくなってしまう、そんな人間の性をよく分かっています。この看板に対しネット上では、「怖い!絶対に入りたくない!」「『何があるのか解らない』レベルでは、最強かと…」「普通の別れの挨拶なら嬉しいが、、。これは不気味で怖いわな。」といった声が見られました。

 ちなみにこの看板は「新城警察署」と下に書かれているように、ちゃんとした警察の看板のようです。なんにせよ、意味があって作られた看板でしょうし、近づかない方が良いのは間違いないでしょう。

最終更新:3月23日(水)23時58分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

世界で最も長寿な生物
レイチェル・サスマンが、トバゴの浜辺にある2,000歳の脳サンゴから、農業の黎明期から生きてきた南アフリカの「地底の森」まで、世界で最も古くから生き続けてきた生命体の写真を見せながら語ります。 [new]