ここから本文です

巨泉に新たながん…体重47キロに 10年以上の闘病、手術の影響で

デイリースポーツ 3月25日(金)6時58分配信

 2005年からがんと闘い続けているタレントの大橋巨泉(82)が鼻腔(びくう)内に新たながんが見つかり、抗がん剤と放射線治療を行っていることが24日、分かった。昨年11月の腸閉塞手術の影響もあり、ピーク時には80キロほどあった体重が、47キロにまで落ち込んでいる。大橋の弟で所属事務所社長の大橋哲也氏が明かした。

【写真】2月には「徹子の部屋」に出演した大橋巨泉

 巨泉は25日発売の「週刊現代」の自身のコラム『今週の遺言』で左鼻腔(びくう)内にがんが見つかったことを告白している。

 大橋社長によると、今年2月にまず抗がん剤治療、同月末から放射線治療を受けた。今後はがんと闘うのではなく、付き合っていくような治療を続けるという。

 05年の胃がん手術に始まり、13年の中咽頭がんなど、がんとの闘いが続いており、昨年11月には腸閉塞で手術。その後、体重は50・4キロに減少。一時は復活の兆しがあったが、再びがん治療が始まり、体重はさらに落ち込んだ。放射線治療後は、のどの渇き、体力や気力の低下など激しい副作用があり、食欲も落ちているという。

 左鼻腔内のがんは外科手術で取り除くことも可能だったが、タレントという仕事上、顔にメスを入れる手術という選択は避けたという。

 3月末の検査結果次第で、4月からは再び抗がん剤治療が始まる。巨泉はがんと“闘わない”ことを宣言しているが、大橋社長は「体力的にも手術は大変ですし、今後はがんを抑えながら“付き合っていく”ということですね」と兄の心境を代弁した。

最終更新:3月25日(金)9時8分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。