ここから本文です

清武 下克上弾&2アシストで猛アピール、香川に強烈な挑戦状

デイリースポーツ 3月25日(金)6時59分配信

 「W杯アジア2次予選、日本5-0アフガニスタン」(24日、埼玉スタジアム2002)

 E組の日本はアフガニスタンに大勝し、首位をキープして29日の2位シリアとの最終戦に臨むことになった。日本はW杯2次予選全7試合で無失点。トップ下に入ったMF清武弘嗣(26)=ハノーバー=が、1-0の後半13分に代表通算2得点目となる追加点を決めるなど、1得点2アシストを含む4得点に絡む大活躍。途中出場のMF香川真司(27)=ドルトムント=とのトップ下争いでアピールに成功した。バヒド・ハリルホジッチ監督(63)も4-4-2の布陣に手応えを口にした。

 清武がトップ下争いで香川に強烈な挑戦状を叩きつけた。中盤をダイヤモンド型にした4-4-2のトップ下に入り、1得点2アシストを含む4得点に絡んだ。香川との競争を促すハリルホジッチ監督へのアピールに成功した。

 1-0の後半13分、FW金崎がDFラインの裏に通した浮き球パスに走り込み、左足で追加点を流し込んだ。「当てるだけだった。ダフったのが良かった」。12年11月14日のW杯最終予選オマーン戦(マスカット)以来、約3年4カ月ぶりのゴールは国際Aマッチ通算2得点目となった。

 前半43分には岡崎の先制ゴールをアシスト。後半29分には左CKを吉田の頭に合わせ、同33分には前線のハーフナーにクロスを送り金崎の得点につなげた。「手応えというか、ハリルホジッチ監督になって2年目のシーズンでみんな気合が入っていた。それを形にできた」とうなずいた。

 「彼からリズムが生まれていた。キヨの技術、パスの精度が利いた。ハノーバーで10番を背負っている自信を感じる」。圧倒的な存在感に、左サイドバックとしてフル出場した長友も目を見張った。

 後半19分に香川が投入されると左MFに移り、香川との小気味よいパス交換で相性の良さも発揮。後半だけで4本のシュートを放つなど積極性も見せた。

 昨年11月の代表合宿中に右足第5中足骨を骨折し、長期離脱を余儀なくされた。代表では同11月のシンガポール戦以来の出場。戦列復帰で放った輝きは、香川の“聖域”に割って入る資格が十分であることを証明した。

最終更新:3月25日(金)7時36分

デイリースポーツ