ここから本文です

バーディよりも金崎夢生!? 岡崎が清武&金崎とのトライアングルに手応え「これをやり続けたら……」

theWORLD(ザ・ワールド) 3月25日(金)19時40分配信

2トップでコンビを組んだ金崎夢生

日本代表FW岡崎慎司が24日に行われたアフガニスタン戦を振り返っている。

アフガニスタン戦でFW金崎夢生と2トップを組み先発出場を果たした岡崎は序盤こそチャンスに絡めないでいたが、前半終了間際に綺麗なテクニックからのゴールで先制点を記録。所属するレスターでの好調ぶりを日本代表でも披露した。岡崎はその後、自身の得点こそ1点に留まったが、交代が告げられる73分まで金崎やトップ下に入ったMF清武弘嗣とともに日本の攻撃を牽引。5-0の大勝に貢献した。

岡崎は試合後、ダイヤモンド型の中盤と2トップという日本代表の新たな試みについて「新鮮な気持ちで臨めていました」とコメント。「清武選手と金崎選手の3人の距離感で、ダイナミックにできそうな感じがしていました。急ぎ過ぎの感じもありましたが、これをやり続けていたら相手は嫌だろうと思っていました。3人とも思い切ったプレイができたと思います」と手応えを語った。日本サッカー協会公式サイトが伝えている。

日本代表は次節、29日にシリア代表と対戦する。1位突破がかかるこの試合でも、金崎と清武、そして岡崎のトライアングルから生み出される攻撃に注目だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:3月25日(金)19時40分

theWORLD(ザ・ワールド)