ここから本文です

【W杯アジア2次予選】岡崎“カズ超え”目前も賛否両論

東スポWeb 3月26日(土)16時10分配信

 ハリルジャパンがロシアW杯アジア最終予選に進出決定。9月からロシア行きをかけた注目の戦いが始まるが、日本代表にはもう一つ大きな話題がある。FW岡崎慎司(29=レスター)は24日のアフガニスタン戦で国際Aマッチ通算48得点目を決め、年内にも元日本代表FW三浦知良(49=J2横浜FC)の持つ通算55ゴールを上回る勢い。この“キング超え”の偉業が、各方面で賛否両論を巻き起こしそうな雲行きなのだ。

 岡崎は25日にさいたま市内で調整を行った。29日のロシアW杯アジア2次予選シリア戦では、節目の国際Aマッチ通算100試合出場がかかる。「代表初戦のような気持ちで結果を出したい。(4月16日に)30歳になるベテランが、それでいいのかわからないけど、そういう選手を見て若いやつがつなげてくれたら」と気合十分だ。

 シリア戦に出場したうえで「2点取れば(通算)50点。やっぱり、そこへ行ってみたい」(岡崎)と意欲を語ったが、その先に見据えるのは元日本代表のエース、カズの記録。日本代表歴代2位(※日本サッカー協会の記録、国際サッカー連盟の記録は日本人1位)の通算55ゴールだ。

 ハリルジャパンはシリア戦以降、6月のキリンカップや9月から始まるW杯最終予選など、年内に最大8試合を予定しており、岡崎の“キング超え”は時間の問題。大きな話題となるのは間違いないが、一方でサッカー界の“聖域”に踏み込むことになり、様々な意見が飛び交う可能性もある。

 実際に、元日本代表10番のMF中村俊輔(37=横浜M)は岡崎のゴール記録をたたえつつも、カズ超えについては「それは抜かなくていいでしょ(笑い)」。もちろんこれは冗談なのだが、偉大なカズに対するリスペクトの表れでもあるだけに、記録更新の際に各界からどんな反応が起きるかはわからない。

 プロ野球では、2013年にウラディミール・バレンティン外野手(31=ヤクルト)が王貞治氏(75=福岡ソフトバンクホークス会長)のシーズン最多本塁打記録(55本)を超えるまで、その数字に近づく選手が現れるたびに、記録更新をめぐって賛否両方で大きな議論となった。

 岡崎は代表選手でいる限り、今後もゴールを積み重ねていくはず。カズ本人は記録更新を歓迎すると見られるが、果たしてどんな状況を迎えるのだろうか。

最終更新:3月26日(土)16時10分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

世界で最も長寿な生物
レイチェル・サスマンが、トバゴの浜辺にある2,000歳の脳サンゴから、農業の黎明期から生きてきた南アフリカの「地底の森」まで、世界で最も古くから生き続けてきた生命体の写真を見せながら語ります。 [new]