ここから本文です

北朝鮮、米首都をミサイル攻撃するプロパガンダ映像を公開

AFPBB News 3月27日(日)7時13分配信

(c)AFPBB News

【3月27日 AFP】北朝鮮は26日、潜水艦発射核ミサイルが米首都ワシントン(Washington D.C.)を破壊し、星条旗が炎に包まれる様子を最後に写した「最後の機会」と題する新たなプロパガンダ映像を公開した。

 4分間の映像には米朝関係の歴史が簡単に描かれており、CGで雲の中を飛んでいくミサイルが方向転換してワシントンのリンカーン記念館(Lincoln Memorial)の前の道に激突し、衝撃で爆発する連邦議会議事堂が映し出されている。

 北朝鮮のプロパガンダサイト「DPRKトゥデー(DPRK Today)」に投稿されたこの映像では、朝鮮戦争の映像や、1968年に北朝鮮が拿捕(だほ)した米海軍の情報収集艦「プエブロ(Pueblo)」、北朝鮮の核開発をめぐり1990年代初期に起きた第1次核危機時の映像などが取り上げられている。(c)AFPBB News

最終更新:3月27日(日)7時20分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている