ここから本文です

「ごきげんよう」、最後の放送は小堺一機の独り舞台で31年半締める

デイリースポーツ 3月29日(火)14時27分配信

 3月31日をもって25年3カ月に渡る放送を終了するフジテレビ系「ライオンのごきげんよう」(月-金曜、後0:55)が29日、ナインティナインら「めちゃ×2イケてるッ!」の出演者たちを迎えてにぎやかに行われた。最終日となる31日は、小堺一機が独り語りの形で、前身番組の「いただきます」から数えて31年半となる長寿番組の最後を飾る。

【写真】小堺 かとうかずこに東国原との離婚真相に切り込む!

 29日放送では冒頭、小堺が田淵裕章アナウンサーに「あと3日、どんな気持ちですか?」と尋ねられ、「あと3日って気持ちですねぇ」とボケてみせた。

 そして迎えられたゲストは、ナインティナインや加藤浩次らめちゃイケのメンバー14人。小堺を「これじゃあ、めちゃイケできちゃうじゃないですか」と驚かせた。

 トークではナインティナインの岡村隆史が小堺に長寿の秘けつを聞くなど、普段とは違った形に。番組の最後は加藤が小堺に代わって「ごきげんようはまた明日で~す」と締めのセリフを務めた。

 30日は明石家さんま、関根勤、中山秀征をゲストに迎え、同夜には「大物だらけのサイコロSP」と題して和田アキ子や泉ピン子、萩本欽一、堺正章、北大路欣也、上沼恵美子、宮根誠司らが出演する特別番組を放送。最終日となる31日は「31年半の大感謝!小堺一機独り舞台!」ということで、小堺一機が最後を締めることになる。

最終更新:3月29日(火)15時5分

デイリースポーツ