ここから本文です

尾木ママ、監禁少女への「ゲスの勘ぐり」は止めて 検証報道の中止求める

デイリースポーツ 3月30日(水)12時36分配信

 2年間の監禁生活の後、脱出した女子生徒について、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏が30日、テレビの検証報道を中止するよう、ブログで訴えかけた。

 尾木ママは「テレビの関心 ズレているのではないでしょうか!?」とテレビ報道への疑問を呈した。

 特に、「監禁されていたアパートの壁は薄いのになぜ大声を上げなかったのか」「なぜ逃げなかったのか」などといったとらえ方で「検証するかのような報道 間違いじゃないでしょうか!?」と断じた。

 教育評論家として数々の事例に向き合ってきて、尾木ママは被害者がバッシングされる傾向があることに気づいている。

 だから「実に情けない…まずなぜ子どもの言葉 子どもの辛さ 全面的に受け止め しっかり聴くことに徹しないのか!?」と呼び掛け、「『大人のゲスの勘ぐり』止めてほしいですね」と、この種の検証番組を中止するよう求めた。

最終更新:3月30日(水)12時42分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。