ここから本文です

負傷交代の山口蛍は鼻骨骨折および左眼窩底骨折

ゲキサカ 3月30日(水)1時47分配信

[3.29 W杯アジア2次予選 日本5-0シリア 埼玉]

 日本サッカー協会は29日深夜、日本代表MF山口蛍(ハノーファー)が都内の病院で検査を受けた結果、鼻骨骨折および左眼窩底骨折と診断されたと発表した。

 山口はシリア戦の後半10分、MFハレド・アルムバイドと競り合った際に激しく交錯。相手の頭が顔面に入って鼻から流血し、そのまま担架で運び出された。山口は後半13分にMF原口元気と交代。試合後、救急車で都内の病院に搬送され、精密検査を受けていた。

最終更新:3月30日(水)12時31分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]