ここから本文です

どこでも輝けない悩める“バッドボーイ”、“メリットない”アンフィールド帰還が近づく

theWORLD(ザ・ワールド) 4月11日(月)0時0分配信

ミランCEO「メリットがない」

ACミランに所属するマリオ・バロテッリは今夏リヴァプールに戻る可能性が高そうだ。英『Mirror』が伝えている。

今季リヴァプールからACミランへ無償レンタルという形で復帰したバロテッリ。しかし、15試合に出場しながら、ゴールネットを揺らしたのはわずか一度のみという体たらくだ。そのため、ACミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOも完全移籍で獲得する可能性が低いことを明かした。

「マリオ(・バロテッリ)の感触は良い。しかし、彼がミランに残るのは絶望的だ。我々は以前にも言ったが、彼を獲得するメリットがないんだ。彼が完全移籍するためには、実力を我々に示す必要がある」

同選手はミランにやってくる前のリヴァプールでも明らかにプレミアリーグの水が合わないという様子で不満そうにプレイしていた。実際活躍することはなく、アンフィールドでファンを熱狂させたことはないと言っていいだろう。しかし、このままだと本人もリヴァプールも望まない復帰となってしまいそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時56分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報