ここから本文です

15年のジンクスを破ったトッテナム、マンUも蹴散らし首位レスターを猛追

theWORLD(ザ・ワールド) 4月11日(月)18時0分配信

レスターとの勝ち点差は7と変わらず

10日、プレミアリーグ第33節が行われ、トッテナムとマンチェスター・ユナイテッドが対戦した。

逆転優勝のため、これ以上勝ち点を落とせないトッテナムはマンチェスター・ユナイテッドに3-0と快勝した。トッテナムがマンチェスター・ユナイテッド相手にホームで勝利したのはなんと2001年以来となる。

前半はアウェイのマンチェスター・ユナイテッドが攻勢をかけ続ける。特に中盤のボランチコンビが落ち着いたプレイを見せ、セカンドボールをことごとく拾うことに成功していた。しかし、チーム全体で得点に至るほどのアイディアはなく、ゴールは生まれない。一方、是が非でも勝ち点3が欲しいトッテナムも徐々に反撃を始める。28分、エリクセンの右からの絶妙なアーリークロスをラメラがダイビングヘッドで合わせるも、惜しくも枠外。このシーン以降、トッテナムが主導権を握り始める。しかし、どちらも決定機と呼べるほどのチャンスは作り出せず、前半はスコアレスで終了する。

後半もトッテナムが優位に進め、70分、ついに均衡が破れる。ケインのボールに抜け出したエリクセンが左足でクロスを送ると中に走りこんだアリが右足で決めて、トッテナムが先制に成功する。さらにトッテナムは畳みかける。74分、ラメラのゴール左からのFKをアルデルヴァイレルトが高い打点で合わせ、追加点を叩き込む。なおも、トッテナムのラッシュは止まらない。そのわずか1分後、左サイドからローズがグラウンダーのクロスをあげるとラメラが左足で上手く流し込み、先制からわずか5分で3点差をつける。結局試合はこのまま終了した。

トッテナムは難敵と思われていたマンチェスター・ユナイテッドを結果的に3-0と難なく退けている。首位レスターとの勝ち点差は7のまま変わらず。一方、敗れたマンチェスター・ユナイテッドはチャンピオンズリーグ出場圏内の4位が遠のいている。

[メンバー]
トッテナム:ロリス、ローズ、ヴェルトンゲン、アルデルヴァイレルト、ウォーカー、デンベレ、ダイアー、アリ(→メイソン 90)、ラメラ(→シャドリ 87)、エリクセン、ケイン(→ソン・フンミン 89)
マンチェスター・ユナイテッド:デ・ヘア、ロホ、スモーリング、マタ(→デパイ 76)、キャリック、ブリント、シュナイデルラン、リンガード、メンサー(→ダルミアン 68)、マルシャル、ラッシュフォード(→ヤング 45)
[スコア]
トッテナム 3-0 マンチェスター・ユナイテッド
[得点者]
トッテナム:アリ(70)、アルデルヴァイレルト(74)、ラメラ(75)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時55分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合