ここから本文です

さすがナスリ! 「僕が残留したらグアルディオラは幸運」

theWORLD(ザ・ワールド) 4月11日(月)23時10分配信

自分への自信を失わない男

10日、プレミアリーグ第33節が行われ、マンチェスター・シティはウェストブロムと対戦し、2-1と勝利した。

この試合、決勝点を挙げたのはマンチェスター・シティのサミル・ナスリ。先日、ようやく長期離脱から復帰し、戦力として計算できるようになってきた。ナスリは試合後、来季の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラに関してコメントしている。英『Mirror』が伝えた。

「パフォーマンスを戻したいし、人々の信頼に応えたい。これ以上無駄な時間を使いたくないんだ。早くチームに復帰したかったし、フィットしたいね。来季グアルディオラ監督が僕を残したいと言って、僕が残留することになったら、彼はとても幸運な男だね。僕は本当に貪欲だからね」

さすがナスリという強気のコメントで長期離脱後でも自分への自信を一切失っていない。来季グアルディオラ監督は同選手に対してどのような決断を下すことになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時54分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。