ここから本文です

今季で引退が濃厚なアーセナル主将にマンC、トッテナムがコーチングスタッフ入りを要請か

theWORLD(ザ・ワールド) 4月13日(水)17時31分配信

ライバルチームの監督と共通点あり?

アーセナルに所属するミケル・アルテタは来季からはコーチとして活躍しているかもしれない。

アルテタは現在34歳で、今季末での引退がささやかれている。しかし、引退後もその優れた戦術眼を求めるチームは少なくない。かねてより噂になっているのはマンチェスター・シティだ。来季からチームを率いるジョゼップ・グアルディオラとはバルセロナユース出身という共通点があり、グアルディオラはコーチとしてスタッフ入りを求めていると英『Mirror』が報じた。

また、トッテナムもそのチームの一つである。指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ監督とはパリ・サンジェルマン時代に同僚という関係だったこともあり、アルテタは「父のよう」と同監督を評している。ポチェッティーノ監督もトッテナムでアルテタに何らかの役職を与えると報じられている。

現所属チームであるアーセナルもユースチームのコーチとしてオファーを考えているが、「ユース」というのはアルテタにとってそれほど魅力的ではない可能性がある。現キャプテンは指導者としてアーセナルのライバルチームに“移籍”することになるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時51分

theWORLD(ザ・ワールド)