ここから本文です

伊藤忠商事の黄金期を築く 暗雲の彼方に光明を確信 越後正一(上)

THE PAGE 4/16(土) 11:00配信 (有料記事)

 伊藤忠商事の元社長、やがて会長にまで登りつめた越後正一(えちごまさかず)は繊維相場の成功で、出世をほしいままに手に入れました。「相場の神様」と崇められていたものの、その相場人生は波乱万丈の連続でした。どんな苦境に遭っても、明るく前向きでいられたのは、いつも心に抱いていた一編の詩に支えられていたからかもしれません。常に暗雲の中に光を探し出した投資家の人生を、市場経済研究所の鍋島高明さんが解説します。

相場に最も大切なこと

伊藤忠商事の社長、会長を18年間務め、伊藤忠の黄金時代を築いた越後正一は自他ともに認める昭和の「相場の神様」である。越後は日本経済新聞「私の履歴書」の中でこう述べている。

 「相場に最も大切なことは、先行き見通しであることは間違いないが、それをいつ手仕舞うか、つまり売ったものは買いに、買ったものは売りに、いつ転じるかという、その転機が成功、不成功の分かれ道になる。計算上いくら利益があがっていようと、実際にそれを手に入れなくては、絵に描いたモチに過ぎない」

 相場は仕掛けるより手仕舞いがむずかしいといわれるが、越後ほどの名相場師でも「転じる」タイミングに頭を悩ます。「終わり良ければすべて良し」というが、相場もその通りで、首尾よく終わる直前で難儀するのが常である。本文:4,443文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8/19(金) 19:05

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。