ここから本文です

パリがオイルマネーで“スペシャル・ワン”を誘惑 現監督退任なら現実味ありか

theWORLD(ザ・ワールド) 4月15日(金)19時50分配信

過去に断られているものの……

パリ・サンジェルマンが現在フリーのジョゼ・モウリーニョ監督招へいを考えていることが明らかになった。

先日、マンチェスター・シティに敗れ、欧州の舞台から去ったパリ・サンジェルマン。チームを率いるローラン・ブラン監督とは2月に契約を2年延長したものの、今回の敗退でチームを長期的に任せられるか疑わしいものになっているという。そのため、“スペシャル・ワン”に白羽の矢が立ったと英『Daily Mail』が報じた。

パリ・サンジェルマンは過去にモウリーニョにオファーを二度送っているが、イングランドやスペインと比べて競争力の低いフランスでの挑戦を同氏は断っている。しかし、資金力には絶対の自信を持つパリ・サンジェルマンはモウリーニョに対して年俸1500万ポンドという破格の条件でオファーすると同紙は伝えている。

その圧倒的な資金力でスター選手は連れてこられるものの、欧州の舞台では今一つ力を発揮できていないパリ・サンジェルマン。結果を残すことに関しては世界トップクラスのモウリーニョが指揮を執ることになれば、真のビッグクラブとなれるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時42分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合