ここから本文です

チェルシー、復活に向けローマが誇る“キックの魔術師”獲得レースに参戦か

theWORLD(ザ・ワールド) 4月15日(金)20時0分配信

ライバルには“ドイツの巨人”

チェルシーがローマのMFミラレム・ピヤニッチ獲得に乗り出すことが明らかとなった。

今季チェルシーは不振に悩まされ、その一因はセスクやマティッチなどの中盤の選手にもあると言われている。昨季驚異のアシスト数を誇ったセスクは決定的なボールを配給する回数は減り、マティッチの守備力も昨季ほど相手に脅威を与えていない。一方で、ピヤニッチは高いキック精度を持ち、攻撃のタクトを振ることができるため、チェルシーは新たなチームの頭脳として期待しているはずだ。

英『EXPRESS』によれば、2月にもチェルシーはピヤニッチにアプローチをかけており、獲得への熱意は非常に高いとみられる。しかし“ドイツの巨人”、バイエルンもピヤニッチ獲得に興味を示しており、バイアウト価格である3000万ポンドを支払うことができると伊『Gazzetta dello Sport』が報じている。そのため、激しい獲得レースが繰り広げられることは間違いないだろう。

来季アントニオ・コンテが就任するチェルシーは大きな改革が行われる可能性があり、ピヤニッチはその中の目玉選手となるかもしれない。

最終更新:5月11日(水)21時42分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。