ここから本文です

指揮官交代で序列が下がった本田 ブロッキ新監督はボナベントゥーラがお気に入り……

theWORLD(ザ・ワールド) 4月18日(月)19時20分配信

本田が実力を証明するチャンスはくるのか

17日、セリエA第33節が行われ、ミランはサンプドリアと対戦した。

前監督のミハイロビッチの下では一定の出場機会を得ていた本田圭佑だが、クリスティアン・ブロッキ監督就任後初となったこの試合では出場なしとなった。この試合で本田が狙うポジションに入ったのはジャック・ボナベントゥーラだ。ブロッキ監督は同選手の働きぶりに満足しているようだ。伊『Corriere dello Sport』が伝えた。

ブロッキ監督は「私は動き回り、中盤で数的有利を作れるような選手をプレイメーカーに求めている。ジャックはそれをよくやってくれたし、今日は実力を証明してくれた」と称賛している。

本田もボナベントゥーラのような役割を担えるはずだが、それを証明するチャンスが残りの試合でどれだけ訪れるかはブロッキ監督のみぞ知るところだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時32分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。