ここから本文です

マンC、“120億円ボランチ”獲得を断念し同僚のストライカーへと目を向ける

theWORLD(ザ・ワールド) 4月19日(火)19時28分配信

今季は今一つのストライカーだが

マンチェスター・シティがユヴェントスに所属するポール・ポグバ獲得レースから撤退するかもしれない。

23歳という年齢にして、すでに完成されたボランチとなりつつあるポグバ。その市場価値は8000万ポンド(約122億円)にも上るとされる。マンチェスター・シティは天文学的な額の大金が必要になるポグバを諦め、同僚のアルバロ・モラタにターゲットを変えると英『EXPRESS』が報じた。

モラタも同じく23歳でイングランド方面から多くの興味を集めるストライカーだ。しかし、今季は今一つ振るわず、31試合で6ゴールにとどまっている。そのため、ポグバほどの大金は必要にならないだろう。しかし、古巣であるレアル・マドリードが買い戻しオプションを行使し、“転売”するという噂もあり、その場合は市場価値よりも高額で取引される可能性が高い。

両選手ともどこのクラブへ行っても主力として活躍できるほどの実力者だけに、来季はどこでプレイすることになるのか注目が集まる。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]