ここから本文です

リスクの隣に利益あり 科学的相場観測で総合商社トップへ 越後正一(下)

THE PAGE 4/23(土) 11:00配信 (有料記事)

常に明るく前向きだった越後正一(えちごまさかず)。リスクもいとわず果敢に攻めの投資を行い、ついに伊藤忠商事、第5代社長の座に昇りつめました。

 「相場は需給に始まり、需給に終わる」などの名言と投資哲学の数々に彩られた越後の人生の後半を市場経済研究所の鍋島高明さんが解説します。

リスクに立ち向かう経営者の相場哲学

 越後正一は、相場のリスクから逃げなかった。むしろリスクに挑戦して業績を膨らました経営者であった。越後はいう。「世界を相手に活動する以上、絶対に商品相場に敏感であることが必要だ」。同時に為替相場にも敏感でないと務まらない。

 越後が体得した相場哲学は以下のようにまとめることができる。

(1)相場判断は商品の継続的な需給関係を中心に据える
(2)過去の相場の上げ下げの値幅と期間を最重要ポイントに置く
(3)全体としての景気動向と長年の経験の勘で決断する本文:4,352文字 この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。

  • 通常価格:
    648円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    540円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:8/19(金) 19:04

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。