ここから本文です

レヴァンドフスキ、ゲッツェ以来の禁断移籍が起きる? フンメルスが出戻りか

theWORLD(ザ・ワールド) 4月23日(土)10時0分配信

父もその可能性に言及

禁断の移籍が再び世間を賑わせるかもしれない。

それはドルトムントからバイエルンへの移籍だ。過去に、ロベルト・レヴァンドフスキやマリオ・ゲッツェなどの移籍は世界に大きなインパクトを与えている。そして今回はドルトムントのキャプテンを務めるマッツ・フンメルスにその可能性が出てきた。

同選手の父ヘルマンさんは独『Sport Bild』で「もしマッツがドルトムントを出ていくことになるなら、行く可能性があるクラブは5つから6つだ。その中にはバイエルンも含まれている」と発言したことで一気にこの噂は現実味を帯びてきている。

また、それに対応するように独『Bild』はバイエルンがフンメルスとの交渉を開始したと報じた。移籍金は少なくとも3000万ユーロになると具体的な数字も出して伝えている。

元々同選手はバイエルンユース出身で、彼女のキャシーさんや父、兄弟もミュンヘン出身だ。出戻りとはいえ、禁断の移籍になるバイエルン加入は実現するのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時22分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]