ここから本文です

得点なしでも称賛を受ける岡崎、数字に出ない貢献にレスターOBも「どこにでも現れる」「別のレベルだった」

theWORLD(ザ・ワールド) 4月25日(月)19時40分配信

チーム快勝の影の功労者

24日、プレミアリーグ第35節が行われ、首位レスターはスウォンジーと対戦した。

今季リーグ戦で初めてエースのジェイミー・バーディを欠いた試合だっただけに、勢いが止まることも懸念されたが、代役のレオナルド・ウジョアなどが活躍し、4-0と快勝している。この試合、ゴールもアシストも記録しなかった岡崎慎司だが、チームの勝利に大きく貢献したと評価されているようだ。

元レスターのマット・エリオット氏は英『BBC』のラジオで「岡崎はいつも精力的だが今日はいつも以上だ。どこにでも彼は現れる。彼は今日自分の役割を見事に果たしていたね。彼の戦いぶりは素晴らしかったよ。別のレベルだった」と称賛した。

また、英『FourFourTwo』の編集者であるジョー・ブリューウィン氏は自身のツイッターで「岡崎は本当にいいね。ファウルを勝ち取っている姿は見逃せない。こういうプレイを過小評価するべきではない」と評価している。

最前線で身体を投げ出しながらチームに貢献する岡崎。得点やアシストを記録しなくとも、今季のレスター躍進の立役者の一人としてファンは記憶するはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:5月11日(水)21時17分

theWORLD(ザ・ワールド)